普段、お金を借入する事ができる金融機関には、主に3業態あります。

株式投資でお金を賢く運用しましょう。

お金を借入する前に注意、多重債務に陷いらないように

普段、お金を借入する事ができる金融機関には、主に3業態あります。銀行、信託銀行、信用金庫、等の金融機関と消費者金融会社とクレジットカード会社・信販会社になります。ある利用経験者の意識調査では、3業態のいずれから借入れをしたことのある人の約半数は3業態全てから借りた経験があるそうです。つまり、借入れをしている人のうちの多くが複数から借入れしているということです。これは、借金を返済するために新たに借入れてをしているためです。

最初は少ない金額で返済しようとしていても、そのお金が用意が出来なかったり、新たにお金が必要になったりで、更にお金を借りてしまう。期限までに返済をしないと、支払延滞がブラックリストにのることもあります。これを避けるために、またお金を借りてしまう。すると、返済額が許容範囲を超えてしまい、最低限の返済しか出来ず、返済分はほとんど利息で、元金は減らず、借金は減るどころか、増えてしまうという事になります。これが、多重債務の怖いところです。

多重債務に陥ってしまうと、簡単には借金がなくなることはないので、返済をし続けるか、親や親戚から借りるなどして一括返済をするかしかありません。いよいよ返済が出来ず、日常生活にも支障をきたすとなると、任意整理や自己破産などの債務整理を考えなくてはいけなくなります。最悪の事態に陷らないよう計画してお金を管理しないとならないです。

Copyright (C)2017株式投資でお金を賢く運用しましょう。.All rights reserved.