この世に生を得てから命が尽きるまで直接的、間接的にお金の絡まない事項が殆どないにも拘らず、学校ではお金に関して系統立てて勉強させることがありません。

株式投資でお金を賢く運用しましょう。

親の稼ぐ収入と日常生活費との家計収支を学んで知るお金の有難さ

この世に生を得てから命が尽きるまで直接的、間接的にお金の絡まない事項が殆どないにも拘らず、学校ではお金に関して系統立てて勉強させることがありません。しかしながら、昨今のように子供の時から情報端末を持ち歩いてインターネット経由で様々な情報を入手したり、友人、知人とメールの交換やゲームをして楽しんでも、かかった通信費は両親負担が当たり前のようになっていると子供がお金の大切さや使い方をあまり意識しないまま成長してしまうわけです。子供が親にかかる費用負担の大きさを考えもせずに情報端末を使い、多額の費用請求書が来てびっくりする親の話が話題になりますが、小、中学校でも親の稼ぐ収入や日常生活の様々な場面で必要な費用との家計収支等を勉強し、親からもらうおこづかいがどの程度の割合になっているか、子供に感じ取ってもらうことが必要なはずです。

親としても日常生活で子供がスーパーマーケットへ行ってお菓子や飲み物を買った金額が家計の中で占める割合等を学校で様々な家計状態を想定して具体的に勉強してもらい、お金の使える有難さを掴んでもらいたいと願っているはずです。高校生くらいになると、お金がどのような制度や仕組みの中で世の中を循環して社会が成り立っているのか、勉強する機会があるはずですから、小中学校で授かる知識は自分が実社会へ出て収入を得てから国全体の経済や金融を考える基礎として必要な知識になっていきます。

Copyright (C)2017株式投資でお金を賢く運用しましょう。.All rights reserved.